JCB

ブラックカード取得の方法

抽選で選ばれているブラックカード?

ブラックカードの発行についての噂に近い情報ですが。
実際問題、このカード発行に関する審査基準というものは謎のベールに包まれています。
けれども、VISAとアメックスの2枚のブラックカードを所持している人の話しによれば、
カード利用額が、年間600万位を3年続けたところ、カード会社から送られてきたといいます。
これは少し驚きですね。またやや信憑性もあるようです。
3000万円という説もありましたが、実際問題、厳密な規定ではなく、案外と、
ファジーな基準なのかもしれません。
ただ、ブラックカード取得の前提条件として、プラチナカード保持者であることは、
言うまでもないようです。

何でも、以前、あるテレビ番組では、プラチナカード持ってる人の中から、
収入や社会的ステイタスなどから抽選で決められて、それでブラックカードが発行
されるとかといった、まことしやかな話しもあります。
どこまで本当の話なのか分かりませんが(テレビ局のやらせ?)、もしも抽選で
決まるようならば、ちょっと意外ですね。

ブラックカード取得の方法

ブラックカードはこうやって入手?

基本的にいって、ブラックカードのインビテーション(お誘い)は、
そのカード会社のプラチナ会員に対して行われます。これが基本です。
ですから、ブラックカードを取得したいと思えば、まず、入会したいブラックカード
と同ブランドのプラチナカード会員になる必要があります。

そして、プラチナカードを入手することができたならば、とにかく、クレジットヒストリー
を積み上げるために、ひたすらプラチナカードを使用するといいといいます。
しかしながら、普通は、相当高額な買い物をしなければならないといわれているようです。
具体的には、年間3,000万円くらいの利用だといいます。
庶民には、ひいてしまう額です。利用額だけでタジタジですね(笑)。

けれどもこれだけ使ったとしても、どこで利用したかといった質や内容が重要だといいます。
端的にいえば、有名ブランドショップ、ホテルなどで利用することだといいます。
またアメックスでは、生活に使用するのではなく、レジャーや遊びに利用することの方が、
評価が高くなるといいます。
結局、どれだけ富裕層らしいかということと、お金に余裕があるかという点が
重要になってくるようなのです。

ブラックカード以外のカード

ゴールドカード(2)

ゴールドカードは、30歳以上で年収500万円以上などの目安が設けられています。
ブラックカードと比較すれば、低いハードルですが、それでもここからようやく取得の基準が出てきます。
とはいっても最近では、安定かつ継続的な収入があれば申込み可能というように、
随分と敷居も低くなってきています。
また、年齢や収入面でゴールドカードを持つことができない20代の若者向けに限定した
ゴールドカードもあります。
これを「ヤングゴールドカード」といいます。

けれども、こういったカードを発行しないカード会社もあります。
たとえば、イオンクレジットサービスでは、年齢や年収などの制限を設けないところもあり、
会員増加を眼目としているところもあります。
各社それぞれ戦略が異なっています。

ゴールドカードには、上位カードもあります。三菱UFJニコスの「DCゴールドカードノブレス」、
三井住友カードの「三井住友マスターゴールドカードPt」があります。

こうやってみると、ブラックカードがいかに特殊なカードかがわかりますね。
戦略路線が根本的に異なります。

ブラックカード以外のカード

ゴールドカード

ゴールドカードは、取得基準が設けられたカードになります。
ブラックカードのようなハイクラスカードとは違いますが、それでも取得するための
ハードルが設けられているようです。
そのため、一般カードとは違い、付加価値のあるカードとなっています。

このカードの名称の由来ですが、ブラックカードと同じで、単にカードの色が、
金色(ゴールド)であるため、通称として「ゴールドカード」と呼ばれています。

そしてこのカードの利用限度額は、クラシックカード(一般カード)より高目に設けられています。
また、ゴールドカード保持者は、空港ラウンジの無料利用、ホテルの利用、
予約などのサービスがあります。
とはいっても決して富裕層ということに限らず、一般的なカードの範疇になります。
要するに、クラシックカードに比べ、ステータスが高いということになります。

一般的に、ゴールドカード年会費は1万円くらいですが、
アメックスの「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」は27300円と2倍以上です。
しかしイオンクレジットサービスの場合は無料で発行しています。
この辺りは各クレジットカード会社によって異なっていますね。

ブラックカード以外のカード

クラシックカード

カードの種類とランクについて。
ブラックカードは最高峰のカードになりますが、その他のカードの中では、
「クラシックカード(一般カード)」というのは、もっとも基本的なカードになります。
このカードは、もっとも基本となるもので、利用限度額も50〜100万が上限になります。

ですから普通に買い物をしている分には、このクラスのカードで充分となります。
普段の生活(高額商品を購入しない普段の生活)ならば、100万上限もあれば余裕でしょう。
またこのクラスのカードでは、一年会の会費も、せいぜい1000円程度の場合が多いようです。
もっとも最近では、年会費も発生せず、さらに、無料で発行しているものも多くなっています。
ブラックカードの世界とはかなり違ってきますが、アメックスの「アメリカン・エキスプレス・カード」は12600円、シティカードジャパンの「ダイナースクラブカード」は15750円となり、全然違います。

ただし、こういった普及カードよりも若干高めの会費を徴収する一般カードもあります。
高い年会費といっても3000円程度ですが、これらは、保険やサービスが充実しています
(三井住友カードの「三井住友VISAクラシックカードA」や「三井住友VISAエグゼクティブカード」、
三菱UFJニコスの「DCカードニューズ」、ジェーシービーの「JCBグランデ」など。)。
ただしこれらの利用限度額は、通常の一般カードと同じになっています。

こういった点は、ブラックカードの世界とは全然異なりますね。

ブラックカードとは

ブラックカードが広まってきた経緯

けれども最近、いわゆる富裕層が登場したことで、貧富の差も出てきて、
希少価値のあるカードを求めるようになってきました。
希少価値のカードを求めるといっても、バブル期に流行ったゴールドカードでは、
希少価値などもうありません。
そこでブラックカードです。ブラックカードは、一種の選民です(笑)。
所有することによって、満足感とステイタスが得られる、人間の欲を巧みに突いた
心憎いカード会社の戦略ですね。しかしそうはいっても、
人間なんて単純なメカニズムの部分が結構ありますので、いいものはいい。
やっぱりいいんですよ、ブラックカードは(笑)

で、選ばれた人だけが取得できる稀少カードとして、次第に注目されてきました。
このきっかけになったのが、アメリカンエキスプレスのセンチュリオンカードですね。
いわゆるブラックカードの代表格です。カード表面が黒いので、そう呼ばれています。
なぜ黒色かといえば、ヨーロッパでは、黒色が富を表す色だからだといいます。
富裕層の象徴的なカラーが黒だといいます。

ブラックカードとは

ブラックカードが広まった経緯

バブル経済全盛の頃は、ゴールドカードに人気が集まっていました。
黄金のカードを見せびらかして優越感に浸るような風潮もあって、そのため
ゴールドカード取得に躍起となった時代でした。
もちろん、こういった行動に走ったのは一部の人でしたが、バブルという特殊
な時代ならではの風潮だったのかもしれませn。

けれどもその後、ゴールドカードの発行枚数が多くなり、その希少価値が
なくなってきました。希少カードは、発行枚数が少ないからこそ、ステイタス
として成りたつわけですが、猫も杓子もとなれば、当然、廃れてもきます。

事実、ゴールドカードの価値はそれほどではなくなり、廃れていきました。

ブラックカードにまつわる噂

カード社会について

カード社会について。
キャッシングカードに対して、アメリカでは日本とはちょっと違う価値観があります。
どういうことかというと、アメリカでは、カードが無いことは、
社会的信用度が低いとみまされる傾向があります。
この理由としては、カード発行は、カード会社の信用調査(といっても簡単なものですが)を経てなされるので、
カードが無いと言うことは、社会的信用が無いということになるようなのです。
カード発行の審査が、社会的信用を計る物差しとなっている点に、逆に驚いたりします。
日本では、今でこそだいぶ変わってきましたが、現金の方がカードよりも貴重である、価値があるという考え方が未だに主流です。
ここはアメリカと日本の社会の構造的な違いもあって、こういった価値観の違いも生まれているように思われます。
ちなみに、アメリカでは、肥満も信用されません。
肥満は、自己管理ができていない証拠だとして、個人の管理能力が無い証拠だといいます。
このようにアメリカ社会では、人を推し量る物差しがいくつかあります。
個人的には画一的すぎる感があって、今ひとつなじめない部分ですが。

ブラックカードにまつわる噂

ブラックカードに限度額はあるのか?

ブラックカードには、限度額がないような話しを聞きますが、実は
限度額があるとのことです。
これは当たり前なのでしょうが、当たり前のことも当たり前と思わせないのが、
このカードの威力というものなのでしょう(笑)。
とにかくいろいろな噂や憶測があります。

ただし高級車を購入するというのは実際にあります。しかし戦車を購入
というのは噂でしょう。
第一、戦車の購入先が問題です。仮に闇で購入できるといっても、
カード会社が絡むことはまずないでしょう。

噂は別にして、カードの利用限度額はきちんと決まっているようです。
ただしそれも利用者によって異なるとか噂がありますが、実のところは
分かりません・・

アメックスブラックカード

amex

amexブラックカードは、センチュリオンカードのことです。
幻のクレジットカードで、現在ではカード会社だけからのインビテーションでは
発行されないともいいます(紹介者が必要)。

世界でもホルダーが少ないため、貴重なカードとなっています。
アメックス公式サイトでもほとんど取り上げられないため、
情報もほとんどありません。噂の類が多いです。

amexブラックカードは所持しているだけでVIPです(笑)

<<前の10件  1 2 3 4 5..  次の10件>>


【個人情報の収集】
当サイトトでは、Google Adsense社の広告を配信しております。 そのため広告配信の過程においてCookieやウェブビーコンを使用してデータを収集することがあります。 ただし当サイトで取得するユーザー情報は、情報収集目的のみで収集され、それ以外の用途には使用いたしません。 第三者にデータ送信を行いたくない場合は ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしていただきますようお願いいたします。 Google Adsense社の広告に関する詳細につきましては公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。