JCB

ブラックカードにまつわる噂

コスミック シャイナー エクスクルーシブ

さて、ブラックカード的な携帯電話「Cosmic Shiner exclusive(コスミック シャイナー エクスクルーシブ)」についてですが、これの特徴をみてみましょう。

デザイン:ファッションデザイナーの山本寛斎氏が担当

特徴:最高品質のダイヤモンド14個が、パネルにちりばめられる

コンセプト:宝飾品の感覚で設計される。「高級な装飾品」「一流の芸術品」
他の携帯電話とはまったく異なるラグジュアリー携帯電話。

サービス特典:国内外の一流ホテル、レストランの優待特典。
プライベートジェット機、クルーザーチャーターのサービス。
VIP向けライフサポートサービスの提供(無料で一年間)。

とまあ、たしかにブラックカード的な携帯電話です。サービスがブラックカードに似ていますよね。

しかも、ダイヤモンドパネルが、もしも破損した場合、また携帯電話を使用しなくなった場合、パネル上の最高品質ダイヤモンドを、カフスやアクセサリーにリメイクするサービスもあるといいます。

ブラックカードにまつわる噂

Cosmic Shiner exclusive(コスミック シャイナー エクスクルーシブ)

ブラックカードな話題から少しそれますが、団塊の世代って、もっとも恵まれた世代かもしれませんね。
なんせ、今の若い世代は、勤め人なら薄給、人材派遣とか、不安定傾向ですね。
そして一方では、団塊の世代を中心に富裕層も増えてゆく。

昔は一億総中流社会といわれていましたが、これからはますます格差社会ですね。
世帯年収から見ても二極化がはっきりしてくるでしょうね。

良い悪いは別にして、日本は世界第二位の富裕層社会。そして格差社会も加速しています。
ですので、こういった特徴に注目したビジネスも多くなってゆきそうですね。
富裕層相手の、ブラックカード的なビジネスは大歓迎ではないでしょうか。

で、こういった富裕層の多い日本ですが、今までの携帯市場では、資産10億円の富裕層であっても、
フツーのサラリーマンも、子供も、同じ携帯電話を所有してます。
なので、この歪みに着目したのが、今回の富裕層携帯電話なのでしょう。

ビーナスインターナショナルは、富裕層マーケティングが得意ですので、うまいところに注目したものだと思います。

ブラックカードにまつわる噂

ブラックカードな携帯電話

更新が久しぶりになっていました。といいますか、しばらくチェックしていませんでした(^_^;)。
やはりこまめに更新などしたいです。

ところでちょっと変わったブラックカード的な話題を。

ビーナスインターナショナル株式会社が、株式会社モバイルファクトリーという携帯電話の企画販売をしている会社と共同で、なんと!「富裕層向け高級携帯」を開発したそうです。わを!

その名も「Cosmic Shiner exclusive(コスミック シャイナー エクスクルーシブ)」

すごい名前です。ブラックカード的な携帯電話といったところですね。

数年前から富裕層が増加してきましたよね。まあ、そういこともあってブラックカードも一部の間では、ちょっとした人気なのですが、この富裕層に注目したのが、今回の携帯電話だといいます。

実は日本、純金融資産1億円以上の富裕層が147 万世帯だといい、実に驚くべき事実なのですが、日本は、世界第二位の富裕層大国です。

知っていました?というか、知っている人は知っていますが。まあ、この傾向は団塊世代の退職者が増加するにしたがって、ますます増えていくと思いますね。

ブラックカードとは

サイトマップ

amex
Cosmic Shiner exclusive(コスミック シャイナー エクスクルーシブ)
JCBにもブラックカード
JCBブラックカード
VISAブラックカード
VISAブラックカード
VISAブラックカードの発行を期待
VISAブラックカードへの道
アメックスブラックカード
アメックスブラックカード
アメックスブラックカード取得
アメリカンエキスプレスブラックカード
アメリカンエクスプレスプラチナカード
カードの制作
カード社会について
クラシックカード
クレジットカードブラック
ゴールドカード(2)
ゴールドカード
コスミック シャイナー エクスクルーシブ
コスミック シャイナー エクスクルーシブ
こちらも破格なサービス
サイトマップ
ジェット機チャーター
スイートルームに格上げするカード
セゾンブラックカード
ゼニアのブラックカード
センチュリオンカード
センチュリオンカード
センチュリオンカードの発行
センチュリオンカードホルダーは選りすぐられた人?
その取得方法は決してブラックではありません
ダイナースブラックカード
ダイナースブラックカード
ダイナースブラックカード
ダイナーズブラックカードの発行
ダウンタウン浜ちゃんもブラックカードホルダー
プラチナカード
ブラックカード・ブラックカード
ブラックカードが広まった経緯
ブラックカードが広まってきた経緯
ブラックカードダイナース
ブラックカードとは
ブラックカードとは
ブラックカードな携帯電話
ブラックカードにまつわる噂
ブラックカードに限度額はあるのか?
ブラックカードの取得方法
ブラックカードの種類
ブラックカードの特典(1)
ブラックカードの特典
ブラックカードの特典
ブラックカードの特典いろいろ
ブラックカードはこうやって入手?
ブラックカードを持つ芸能人
ブラックカード以外のカード
ブラックカード作成
ブラックカード取得した彼(その2)
ブラックカード取得した彼
ブラックカード取得について
ブラックカード取得について
ブラックカード取得の謎
ブラックカード取得の方法
ブラックカード年会費
ポイントも凄いセンチュリオンカード
ホテルでの待遇も超一流
空港でVIP待遇なブラックカード
航空チケットもブラックな扱い
航空券を購入
取得の条件
戦車が買える!?
抽選で選ばれているブラックカード?
特権階級気分なブラックカード
内閣権力犯罪強制取締官 財前丈太郎
年会費16万円のセンチュリオンカード
望んでも手に入らないブラックカード
魔法のランプのごときセンチュリオンカード

ブラックカード・ブラックカード

内閣権力犯罪強制取締官 財前丈太郎

ブラックカード関連の情報として面白いものを見つけました。

「内閣権力犯罪強制取締官 財前丈太郎」というTVアニメがあるようですね。知らなかったのですが、面白いことに主人公の「財前丈太郎」、なんとこの男、「ブラックカードホルダー」だといいます!面白い!
一体、どこのブラックカードを持っているんでしょうかねえ。
ものすごく興味のあるところです!



で、このアニメ、もともとは「週刊コミックバンチ」で連載されていたマンガだそうです。「原作:北芝健、漫画:渡辺保裕」だとか。と言われても、マンガに疎い私にはよくわかりませんが。

しかし作品の内容は、警察や検察も手を出せない、しかも政界を裏で操るような巨悪といった、まあ、ありがちな権力犯罪に対処するため、内閣は「内閣権力犯罪強制取締局」を開設したとか。

で、こういった巨悪らを逮捕できる、超法規的権限捜査官であり、エキスパート軍団だとか。そして!、世界でも数枚しかないザイナースのゴールドブラックカードを持ち、幅広い人脈と莫大な資金力を背景にした「財前丈太郎」は活躍するといったストーリーだとか!

ブラックカードの使いっぷりが出てくるかもしれませんねえ。興味津々といったところでしょうか。果たして、カードの使い方は、噂のレベルなのか、はてまた核心に迫ったものなのか。ブラックカードマニアとしては目が離せません。

で、このアニメ、近々DVDとして発売されるそうです!しかも「初回生産限定」というプレミアムだとか。

ディスクは5枚組み、特典ディスクも1枚おまけだとか。

ブラックカードに興味のある方は、要チェックですね。



VISAブラックカード

VISAブラックカードの発行を期待

ブラックカードは、カードの中でも最高のステイタスカードですね。
カード会社からの招待によって取得できるカードで、インビテーションカードの通称ですね。

ブラックカードの呼び名は、各クレジットカード発行会社で違い、「プラチナカード」「プレミアムカード」等、いくつかあります。
ブラックカードは、ゴールドカードの上位カードです。

VISAもブラックカードを発行しています。
正式名称は「VISAインフィニットカード」というようです。
しかし現在、日本で発行していません。

VISAブラックカード(インフィニット)は、日本以外のアジアの国では発行されています。
ちょっとこれは意外なのですが、先にブラックカードが発行されて、後からプラチナカードが発行されているところもあります。香港が2006年に発行ですね。

ダイナースも日本では後発組でしたが、VISAも後発組です。
別に後から出てきたからといって価値が云々されるわけではありませんが、ちょっと意外です。カードといえばVISAという印象があり、世界最大なので、まだ日本でブラックカードが発行されていないというのは意外です。

あこがれのカードであり、謎めいたカードでもあります。
このカードを手に入れると、夢のような生活が待っていそうで、ワクワクしてきますね。とても魅力のあるカードです。
いつかは、ブラックカードを手にしたいと思う人も多いと思います。
それもそのはず、これを手にすれば、何かと好待遇ですので。

ブラックカードの特典

ブラックカードの特典

4.トラベラーズ年会費無料
アメックスブラックカードを使用すると発生するポイントを、マイレージに交換できるサービスだといいます。これは年間3150円のところ、無料となります。

5.家族カード年会費無料
ブラックカードを所持していると、家族会員のカード年会費が無料になるといいます。

6.ETCカード年会費無料
ETCカードの場合、初年度のみが無料になるといいます。

7.専用雑誌DEPAETURE
これはプラチナカードとセンチュリオンカードを所有している人にみに送られる雑誌ですね。カード所有者にはこの特典があります。

ブラックカードの特典

ブラックカードの特典いろいろ

ブラックカードのサービスには次の特典もあるようです。

1.ジェット機チャーターサービス
これはブラックカードではわりと有名な特典ですね。しかし日本ではどうなのでしょうか。日本でジェット機を使うというのは、まだ浸透していないようです。けれども日本の富裕層の中には、専用ジェット機を希望している方も結構いますので、ジェットキチャーターサービスも静かに広まっていくかもしれません。ちなみにアメックスでは国際線のみのようです。

2.バースデープレゼント
誕生日になると、送られてくるようです。どうやら、アメックス場合は、送られてくるプレゼントそのものは、非実用的なもので、扱いに苦しくともいいます。粋な計らいのつもりが、逆にユーザーを困らせてしまっているとか。

3.毎年送られてくるプレゼント
年度ごとに送られてくるプレゼントがあります。毎年毎年、その年ならではの珍品などが送られてくるようです。革製のメモ帳台や、謎の物質、万華鏡といった具合に、その年その年趣が違っているようですが、こちらもバースデープレゼントと同様に意味不明なものもあるようです。

ブラックカードとは

その取得方法は決してブラックではありません

ブラックカードは出世魚のようなところがありますね。カードの状態によって呼び名が代わるどころか、その内容もことなります。同じカードなのですが。まあ、出世魚にたとえるのはどうかと思いますが、アメックスの場合は、

グリーン → ゴールド → プラチナ → ブラック

と出世します。
もう知っていると思いますが、グリーン、ゴールドまでは、本人の申込みで、審査基準を通過すれば、取得することができます。
しかしプラチナカードからは、インビテーションになります。ブラックカードの取得への道は、まずプラチナカード取得から始まるということになります。
ゴールドカードでクレジットヒストリーを磨いて、そしてプラチナを取得し、そのプラチナカードで再びクレジットヒストリーを磨いて、その末に念願のブラックカードを取得する、といった流れが一般的になるでしょう。

しかしブラックカードは(アメックスの場合)、年会費は16万円になります。しかしホテルは全てVIP待遇、全国の高級旅館やホテルには専用ルームの予約が可能です。そして一年中どんなに忙しい時期でも、それがたとえゴールデンウィークやお盆、年末年始であっても、そのホテルや旅館に行けば、最高級のVIPルームに宿泊ができるという、まさにVIP待遇となります。ウルトラセレブ(というのは造語ですが)のような扱いですね。

ブラックカード以外のカード

ゼニアのブラックカード

イタリアブランドのゼニアがブラックカードを発行
http://woman.excite.co.jp/garbo/concierge/rid_432/

という記事を見つけました。ブラックカードと聞くと、すぐに反応してしまいますので、チェックしました。まあ、ブランドメーカーがブラックカード発行と聞けば、クレジットカードの類ではなく、ショッピングカードなどであることは容易に想像できますが。。。
予想は的中(というか当たり前ですが)で、ギフト用のカードでした。しかしここで興味を引くのが、色がブラックという点ですね。
センチュリオンカードなどのブラックカードの券の色が「なぜ黒なのか」ということに関しては、黒はヨーロッッパでは富を表す色だからだとか。
おそらくゼニアでも、そういったねらいがあったのかな???

でもギフト用のカードですが、いいですね。黒いカードは、センチュリオンカードのような豪華なイメージを彷彿とさせて、なんだかいいです。


ゼニアについて
ゼニアは北イタリアで1910年テキスタイルメーカーとして創業。初代エルメネジルド・ゼニアの父、アンジェロ・ゼニアは1859年に、農家に生まれ(1923年没毛織物を手がけ、フレッチナ地区で織物製造会社を設立した。45歳のとき、火事で工場を焼失。
この父親から20歳で家業を受け継ぎ、近代的な企業に育て上げたのが、創業者エルメネジルド・ゼニア(1892-1966)。

「より伝統的に、より革新的に」をモットーに発展を続けてきたエルメネジルド・ゼニアグループは現在従業員3,800人。初代がブランドの確立、二代目が小売りへの進出、三代目が小売店の世界展開と、先見性を打ち出してきたオーナー型企業である。売上は6億6000万ユーロ。ブランドのメンズウェアと「アニオナ」ブランドのレディスウェア、服地の輸入卸、販売を手がけていたが、アニオナは2005年秋冬から三喜商事に移管された。銀座に直営の旗艦店オープン。

1998年春夏からは、ライセンス商品として共同開発によるイタリアンスタイルのカジュアルドレスアップウェアとして、E.Z BY ZEGNA(イーズィー・バイ・ゼニア)ブランドをスタート。25歳をコアにファッション感度の高いヤング層がターゲット。
2002年9月、フェラガモと共同でフィレンツェに新会社「ZeFer(ゼフェル)」を設立し、シューズのコレクションもスタート。

シューズは2003秋冬から「エルメネジルド・ゼニア」のブランドで発表され、日本では9月から発売開始。服に合わせて靴でも「ナポリクチュール、「サルトリアーレ」、「ソフト、ゼニア・スポーツの4ラインが提案されている。
また、現在は映画 「戦場のピアニスト」でアカデミー賞主演男優賞を受賞したエイドリアン・ブロディが、モデルを務めている。アカデミー賞やゴールデン・グローブ賞の授賞式にも、同ブランドのタキシードを着て出席した。

ゼニアのラインには、最高級なファブリックをテーラーメード感覚に仕立てた「サルトリア・コレクションとドレスアップカジュアルがコンセプトの「ソフトコレクションなどがある。サルトリアーレコレクションは、伝統的なテーラード仕上げでフォーマルな品格を表現。美しい色合いをかもし出す格調高い素材が特徴。ソフトコレクションは、ビジネスの場でもより快適で自由な着こなしを提案。また、スポーツコレクションはアクティブなカジュアルウエアからシティカジュアルまで大人のカジュアルを提案。特にゼニアが独自に開発した防水性を持つミクロテネブルゾン、通気性と保温性という相反する特徴をあわせ持つ素材、ツインテックのスウエットウエアが好評。

ゼニアの特徴の一つがオーダーメードである「ス・ミズーラ」(イタリア語で「あなたのサイズに合わせて」という意味)と呼ばれるシステム。「ス・ミズーラ」はパターンオーダーだが、生地選びから仕上がりまでのプロセスに、ゼニアのポリシーにのっとった独自のノウハウが生かされている。まず約450種(定番250種とシーズン200種)のファブリック(生地)と、100種類以上のモデルから自分の好みを選ぶことが出来る。基本的な採寸の後、サイズに近いマスターガーメントを着用して補正を加え、作成されたデータは、イタリア(またはスイス)のス・ミズーラ専用工場に送られ、仕立てられる。受注から納品まで約3-4週間。オーダー可能なアイテムはスーツのほか、ジャケット、コート、ベスト、トラウザーズ、フォーマルウエア、ドレスシャツなど。


<<前の10件  1 2 3 4 5..  次の10件>>


【個人情報の収集】
当サイトトでは、Google Adsense社の広告を配信しております。 そのため広告配信の過程においてCookieやウェブビーコンを使用してデータを収集することがあります。 ただし当サイトで取得するユーザー情報は、情報収集目的のみで収集され、それ以外の用途には使用いたしません。 第三者にデータ送信を行いたくない場合は ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしていただきますようお願いいたします。 Google Adsense社の広告に関する詳細につきましては公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。