JCB

ブラックカード以外のカード

クラシックカード

カードの種類とランクについて。
ブラックカードは最高峰のカードになりますが、その他のカードの中では、
「クラシックカード(一般カード)」というのは、もっとも基本的なカードになります。
このカードは、もっとも基本となるもので、利用限度額も50〜100万が上限になります。

ですから普通に買い物をしている分には、このクラスのカードで充分となります。
普段の生活(高額商品を購入しない普段の生活)ならば、100万上限もあれば余裕でしょう。
またこのクラスのカードでは、一年会の会費も、せいぜい1000円程度の場合が多いようです。
もっとも最近では、年会費も発生せず、さらに、無料で発行しているものも多くなっています。
ブラックカードの世界とはかなり違ってきますが、アメックスの「アメリカン・エキスプレス・カード」は12600円、シティカードジャパンの「ダイナースクラブカード」は15750円となり、全然違います。

ただし、こういった普及カードよりも若干高めの会費を徴収する一般カードもあります。
高い年会費といっても3000円程度ですが、これらは、保険やサービスが充実しています
(三井住友カードの「三井住友VISAクラシックカードA」や「三井住友VISAエグゼクティブカード」、
三菱UFJニコスの「DCカードニューズ」、ジェーシービーの「JCBグランデ」など。)。
ただしこれらの利用限度額は、通常の一般カードと同じになっています。

こういった点は、ブラックカードの世界とは全然異なりますね。

ブラックカード以外のカード

ゴールドカード

ゴールドカードは、取得基準が設けられたカードになります。
ブラックカードのようなハイクラスカードとは違いますが、それでも取得するための
ハードルが設けられているようです。
そのため、一般カードとは違い、付加価値のあるカードとなっています。

このカードの名称の由来ですが、ブラックカードと同じで、単にカードの色が、
金色(ゴールド)であるため、通称として「ゴールドカード」と呼ばれています。

そしてこのカードの利用限度額は、クラシックカード(一般カード)より高目に設けられています。
また、ゴールドカード保持者は、空港ラウンジの無料利用、ホテルの利用、
予約などのサービスがあります。
とはいっても決して富裕層ということに限らず、一般的なカードの範疇になります。
要するに、クラシックカードに比べ、ステータスが高いということになります。

一般的に、ゴールドカード年会費は1万円くらいですが、
アメックスの「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」は27300円と2倍以上です。
しかしイオンクレジットサービスの場合は無料で発行しています。
この辺りは各クレジットカード会社によって異なっていますね。

ブラックカード以外のカード

ゴールドカード(2)

ゴールドカードは、30歳以上で年収500万円以上などの目安が設けられています。
ブラックカードと比較すれば、低いハードルですが、それでもここからようやく取得の基準が出てきます。
とはいっても最近では、安定かつ継続的な収入があれば申込み可能というように、
随分と敷居も低くなってきています。
また、年齢や収入面でゴールドカードを持つことができない20代の若者向けに限定した
ゴールドカードもあります。
これを「ヤングゴールドカード」といいます。

けれども、こういったカードを発行しないカード会社もあります。
たとえば、イオンクレジットサービスでは、年齢や年収などの制限を設けないところもあり、
会員増加を眼目としているところもあります。
各社それぞれ戦略が異なっています。

ゴールドカードには、上位カードもあります。三菱UFJニコスの「DCゴールドカードノブレス」、
三井住友カードの「三井住友マスターゴールドカードPt」があります。

こうやってみると、ブラックカードがいかに特殊なカードかがわかりますね。
戦略路線が根本的に異なります。

ブラックカード以外のカード

ゼニアのブラックカード

イタリアブランドのゼニアがブラックカードを発行
http://woman.excite.co.jp/garbo/concierge/rid_432/

という記事を見つけました。ブラックカードと聞くと、すぐに反応してしまいますので、チェックしました。まあ、ブランドメーカーがブラックカード発行と聞けば、クレジットカードの類ではなく、ショッピングカードなどであることは容易に想像できますが。。。
予想は的中(というか当たり前ですが)で、ギフト用のカードでした。しかしここで興味を引くのが、色がブラックという点ですね。
センチュリオンカードなどのブラックカードの券の色が「なぜ黒なのか」ということに関しては、黒はヨーロッッパでは富を表す色だからだとか。
おそらくゼニアでも、そういったねらいがあったのかな???

でもギフト用のカードですが、いいですね。黒いカードは、センチュリオンカードのような豪華なイメージを彷彿とさせて、なんだかいいです。


ゼニアについて
ゼニアは北イタリアで1910年テキスタイルメーカーとして創業。初代エルメネジルド・ゼニアの父、アンジェロ・ゼニアは1859年に、農家に生まれ(1923年没毛織物を手がけ、フレッチナ地区で織物製造会社を設立した。45歳のとき、火事で工場を焼失。
この父親から20歳で家業を受け継ぎ、近代的な企業に育て上げたのが、創業者エルメネジルド・ゼニア(1892-1966)。

「より伝統的に、より革新的に」をモットーに発展を続けてきたエルメネジルド・ゼニアグループは現在従業員3,800人。初代がブランドの確立、二代目が小売りへの進出、三代目が小売店の世界展開と、先見性を打ち出してきたオーナー型企業である。売上は6億6000万ユーロ。ブランドのメンズウェアと「アニオナ」ブランドのレディスウェア、服地の輸入卸、販売を手がけていたが、アニオナは2005年秋冬から三喜商事に移管された。銀座に直営の旗艦店オープン。

1998年春夏からは、ライセンス商品として共同開発によるイタリアンスタイルのカジュアルドレスアップウェアとして、E.Z BY ZEGNA(イーズィー・バイ・ゼニア)ブランドをスタート。25歳をコアにファッション感度の高いヤング層がターゲット。
2002年9月、フェラガモと共同でフィレンツェに新会社「ZeFer(ゼフェル)」を設立し、シューズのコレクションもスタート。

シューズは2003秋冬から「エルメネジルド・ゼニア」のブランドで発表され、日本では9月から発売開始。服に合わせて靴でも「ナポリクチュール、「サルトリアーレ」、「ソフト、ゼニア・スポーツの4ラインが提案されている。
また、現在は映画 「戦場のピアニスト」でアカデミー賞主演男優賞を受賞したエイドリアン・ブロディが、モデルを務めている。アカデミー賞やゴールデン・グローブ賞の授賞式にも、同ブランドのタキシードを着て出席した。

ゼニアのラインには、最高級なファブリックをテーラーメード感覚に仕立てた「サルトリア・コレクションとドレスアップカジュアルがコンセプトの「ソフトコレクションなどがある。サルトリアーレコレクションは、伝統的なテーラード仕上げでフォーマルな品格を表現。美しい色合いをかもし出す格調高い素材が特徴。ソフトコレクションは、ビジネスの場でもより快適で自由な着こなしを提案。また、スポーツコレクションはアクティブなカジュアルウエアからシティカジュアルまで大人のカジュアルを提案。特にゼニアが独自に開発した防水性を持つミクロテネブルゾン、通気性と保温性という相反する特徴をあわせ持つ素材、ツインテックのスウエットウエアが好評。

ゼニアの特徴の一つがオーダーメードである「ス・ミズーラ」(イタリア語で「あなたのサイズに合わせて」という意味)と呼ばれるシステム。「ス・ミズーラ」はパターンオーダーだが、生地選びから仕上がりまでのプロセスに、ゼニアのポリシーにのっとった独自のノウハウが生かされている。まず約450種(定番250種とシーズン200種)のファブリック(生地)と、100種類以上のモデルから自分の好みを選ぶことが出来る。基本的な採寸の後、サイズに近いマスターガーメントを着用して補正を加え、作成されたデータは、イタリア(またはスイス)のス・ミズーラ専用工場に送られ、仕立てられる。受注から納品まで約3-4週間。オーダー可能なアイテムはスーツのほか、ジャケット、コート、ベスト、トラウザーズ、フォーマルウエア、ドレスシャツなど。


ブラックカード以外のカード

自己破産者とブラックカードホルダー

今日は、ちょっと視点を変えてカードの格差ということで。

最近、何かと言われる格差社会ですが、カードの世界にも格差がありますね。ブラックカードは富裕層御用達、専門のカードですから、その対極にあるのは、カード破産者となるのでしょう。

カード格差では、カード破産者と、「限度額なし」のブラックカードホルダーとは、対極の関係ですね。ブラックカードホルダーはヒルズ族だったりします。「絵になる豊かさ」がここにはありますねえ。

ところで格差の両極を見ると、比較すること自体の意味がなくなっていくといいます。これを取材した方がいるようでして、その方の感想だそうです。もっとも自己破産は小さな産業になるぐらい、珍しいものではなくなってきているといいます。

ブラックカードホルダーの方々は、数千万、数億という額の買い物を平気でやります。ですので格差社会といっても、「絵になる豊かさ」は、簡単に見つかるといいます。多くの成功者には、成功し続けるしか道がないから、成功し続けるともいいます。

反対に、破産者は、派遣で単純労働をしながら、狩猟採取生活をする南洋民族のように、その日その日をまったりと、それなりに楽しそうに生きているといいます。たしかに、自己破産の手続きをしてくれる法律事務所は、ネットで検索してもたくさんでてきますしね。

自己破産した方の中には、ズボラな性格で、将来を不安に思う様子がないといいます。ある女性は、10年前に自己破産したようですが、最近になってふたたびキャッシングを繰り返す日々を送っているといいます。なので、以前、NHKスペシャルで放送していた「絵になる貧困」にお目にかかれないというのが、実際のところらしいのです。自己破産した人間から、悲惨な香りがしないといいます。

なんだか不思議な社会になってきている感じがします(笑)


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。