JCB

ブラックカードにまつわる噂

Cosmic Shiner exclusive(コスミック シャイナー エクスクルーシブ)

ブラックカードな話題から少しそれますが、団塊の世代って、もっとも恵まれた世代かもしれませんね。
なんせ、今の若い世代は、勤め人なら薄給、人材派遣とか、不安定傾向ですね。
そして一方では、団塊の世代を中心に富裕層も増えてゆく。

昔は一億総中流社会といわれていましたが、これからはますます格差社会ですね。
世帯年収から見ても二極化がはっきりしてくるでしょうね。

良い悪いは別にして、日本は世界第二位の富裕層社会。そして格差社会も加速しています。
ですので、こういった特徴に注目したビジネスも多くなってゆきそうですね。
富裕層相手の、ブラックカード的なビジネスは大歓迎ではないでしょうか。

で、こういった富裕層の多い日本ですが、今までの携帯市場では、資産10億円の富裕層であっても、
フツーのサラリーマンも、子供も、同じ携帯電話を所有してます。
なので、この歪みに着目したのが、今回の富裕層携帯電話なのでしょう。

ビーナスインターナショナルは、富裕層マーケティングが得意ですので、うまいところに注目したものだと思います。

ブラックカードにまつわる噂

コスミック シャイナー エクスクルーシブ

さて、ブラックカード的な携帯電話「Cosmic Shiner exclusive(コスミック シャイナー エクスクルーシブ)」についてですが、これの特徴をみてみましょう。

デザイン:ファッションデザイナーの山本寛斎氏が担当

特徴:最高品質のダイヤモンド14個が、パネルにちりばめられる

コンセプト:宝飾品の感覚で設計される。「高級な装飾品」「一流の芸術品」
他の携帯電話とはまったく異なるラグジュアリー携帯電話。

サービス特典:国内外の一流ホテル、レストランの優待特典。
プライベートジェット機、クルーザーチャーターのサービス。
VIP向けライフサポートサービスの提供(無料で一年間)。

とまあ、たしかにブラックカード的な携帯電話です。サービスがブラックカードに似ていますよね。

しかも、ダイヤモンドパネルが、もしも破損した場合、また携帯電話を使用しなくなった場合、パネル上の最高品質ダイヤモンドを、カフスやアクセサリーにリメイクするサービスもあるといいます。

ブラックカードにまつわる噂

コスミック シャイナー エクスクルーシブ

前回の続きですが、このブラックカード的な携帯電話Cosmic Shiner exclusive(コスミック シャイナー エクスクルーシブ)
ですが、さらにその上、「和の心」をテーマに山本寛斎氏がデザインした特製ケースもあるとか。
なんでもそれは、24金で紋章のついた漆器の携帯パネルケースがついているといいます。

とにかくゴージャスですね。まさに「ブラックカードな携帯電話」です。

こういったCosmic Shiner exclusive(コスミック シャイナー エクスクルーシブ)的な携帯電話は、もっと出てきてもよさそうですね。
ワクワクしてきます。

ちなみにこの携帯電話は、

1.販売元モバイルファクトリーより発行するインビテーション(招待状)にID掲載。
2.富裕層媒体(SEVENHILLS等、読者をセグメントし郵送で直接お届けする雑誌)の
  広告ページにID掲載。
3.専用サイトより、購入ID入手申請を行って頂き、審査に通過されたのみID付与。
4.購入者からのIDご紹介(富裕層ネットワークの口コミ)。

の方法でしか入手できないようです。
まさにブラックカードですね。

ブラックカードにまつわる噂

伊良部秀輝氏のブラックカード事件

大リーグの元ヤンキースの投手も務めた伊良部秀輝氏が飲食店で暴れたとして逮捕されたといいます。ただ、その逮捕の原因というのが「ブラックカード」絡みだったとか。

なんと伊良部秀輝氏もブラックカードホルダーのようです!事件の発端は、大阪のバーで飲んでいたところお勘定の際、ブラックカードで支払おうとしたそうです。ところが店側では拒否したとか。それで伊良部氏は激高してしまったとか。

ブラックカードは店によって使えないというよりも、たぶん、その店の方が知らなかったのかもしれませんね。いやもしかして、本当に普通のお店では使えないのでしょうか?まさか、ですよね。

伊良部氏は、野球の現役時代からやんちゃなところがありましたが、でもブラックカードホルダーにという栄誉を受けていたのですね。まったく知りませんでした。

ただ事件を契機に伊良部氏もブラックカードホルダーであることが分かり、これはこれでニュースです。

ただ最近はブラックカードを所持する人も増えているような感じもしますが、単なる錯覚なのでしょうかね。

意外なところからブラックカードの話題が出て、意外なところからホルダーも判明し、ちょっとした珍事でありました。ただ伊良部さん、もう少し品行方正にした方がよろしいかと。

【ニュース先】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080820-00000035-mai-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080820-00000007-nks_fl-base

ブラックカードにまつわる噂

伊良部逮捕とブラクカードの真相

元大リーグでヤンキースの投手だった伊良部秀樹氏が逮捕された話し、前回でも書きましたが、真相がわかってきたようですね。

結局は、ブラックカードは高級ホテルなどの限られた店でしか使用できず、伊良部氏が通っていたクラブでは使用できなかったといいます。一般的なお店ではブラックカードが使えないと。それを知らなかった伊良部氏は、キレてしまったという顛末ですね。

なんだか気の毒な事件のようにも思いますが、逮捕は逮捕ですので、なんとも。。踏んだりけったりで可哀想な気がします。

ちなみに伊良部氏所有のものは「アメリカン・エキスプレス」のセンチュリオン。年会費が37万円のブラックですね。

余談ですが、他のブラックカードの年会費の中には、5万〜10万円クラスがあるので、センチュリオンの年会費は高めですね。

ステイタスシンボルでもあるセンチュリオン、その名に恥じない言動を伊良部氏にもしていただきたかったですね。

<< 1 2 3 >>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。