JCB

ブラックカードとは

ブラックカードとは

ブラックカードとは、
クレジットカードの中でも最上級のサービスとステイタスがあり、
カード会社からの招待によって取得できるカードで、
招待制カードの通称をいうようです。

ブラックカードの呼び名は、
各クレジットカード発行会社で呼び方は違いますが、
「プラチナカード」
「プレミアムカード」等、
ゴールドカードの上位カードであり、そのトップカードを総称して呼んでいます。

この通称の由来は、カード券面が黒色であることにあります。
顧客のみが加入できるサービスで、公式サイトにもカードの情報自体が
載っていないため、
謎に包まれたカードともされています。
また各種の秘書機能が充実していることで有名です。

こういったある種の特権階級的な扱いが、ブラックカード取得への
あこがれを強めているようです

ブラックカードとは

ブラックカードの種類

ブラックカードには何社からか発行されていますが、日本では

 センチュリオンブラックカード(アメックスブラックカード)
  年会費16万8000円
 
 ダイナースブラックカード(シティバンクカード)
  年会費10万円

 JCBブラックカード(JCBカード)
  年会費5万2500円

になるようです。

他にもセゾンブラックカードVISAブラックカードなどがあるようですが、
VISAブラックカードは日本では発行していません。


ブラックカードとは

ブラックカードが広まった経緯

バブル経済全盛の頃は、ゴールドカードに人気が集まっていました。
黄金のカードを見せびらかして優越感に浸るような風潮もあって、そのため
ゴールドカード取得に躍起となった時代でした。
もちろん、こういった行動に走ったのは一部の人でしたが、バブルという特殊
な時代ならではの風潮だったのかもしれませn。

けれどもその後、ゴールドカードの発行枚数が多くなり、その希少価値が
なくなってきました。希少カードは、発行枚数が少ないからこそ、ステイタス
として成りたつわけですが、猫も杓子もとなれば、当然、廃れてもきます。

事実、ゴールドカードの価値はそれほどではなくなり、廃れていきました。

ブラックカードとは

ブラックカードが広まってきた経緯

けれども最近、いわゆる富裕層が登場したことで、貧富の差も出てきて、
希少価値のあるカードを求めるようになってきました。
希少価値のカードを求めるといっても、バブル期に流行ったゴールドカードでは、
希少価値などもうありません。
そこでブラックカードです。ブラックカードは、一種の選民です(笑)。
所有することによって、満足感とステイタスが得られる、人間の欲を巧みに突いた
心憎いカード会社の戦略ですね。しかしそうはいっても、
人間なんて単純なメカニズムの部分が結構ありますので、いいものはいい。
やっぱりいいんですよ、ブラックカードは(笑)

で、選ばれた人だけが取得できる稀少カードとして、次第に注目されてきました。
このきっかけになったのが、アメリカンエキスプレスのセンチュリオンカードですね。
いわゆるブラックカードの代表格です。カード表面が黒いので、そう呼ばれています。
なぜ黒色かといえば、ヨーロッパでは、黒色が富を表す色だからだといいます。
富裕層の象徴的なカラーが黒だといいます。

ブラックカードとは

その取得方法は決してブラックではありません

ブラックカードは出世魚のようなところがありますね。カードの状態によって呼び名が代わるどころか、その内容もことなります。同じカードなのですが。まあ、出世魚にたとえるのはどうかと思いますが、アメックスの場合は、

グリーン → ゴールド → プラチナ → ブラック

と出世します。
もう知っていると思いますが、グリーン、ゴールドまでは、本人の申込みで、審査基準を通過すれば、取得することができます。
しかしプラチナカードからは、インビテーションになります。ブラックカードの取得への道は、まずプラチナカード取得から始まるということになります。
ゴールドカードでクレジットヒストリーを磨いて、そしてプラチナを取得し、そのプラチナカードで再びクレジットヒストリーを磨いて、その末に念願のブラックカードを取得する、といった流れが一般的になるでしょう。

しかしブラックカードは(アメックスの場合)、年会費は16万円になります。しかしホテルは全てVIP待遇、全国の高級旅館やホテルには専用ルームの予約が可能です。そして一年中どんなに忙しい時期でも、それがたとえゴールデンウィークやお盆、年末年始であっても、そのホテルや旅館に行けば、最高級のVIPルームに宿泊ができるという、まさにVIP待遇となります。ウルトラセレブ(というのは造語ですが)のような扱いですね。

1 2 >>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。