JCB

ブラックカード取得の方法

抽選で選ばれているブラックカード?

ブラックカードの発行についての噂に近い情報ですが。
実際問題、このカード発行に関する審査基準というものは謎のベールに包まれています。
けれども、VISAとアメックスの2枚のブラックカードを所持している人の話しによれば、
カード利用額が、年間600万位を3年続けたところ、カード会社から送られてきたといいます。
これは少し驚きですね。またやや信憑性もあるようです。
3000万円という説もありましたが、実際問題、厳密な規定ではなく、案外と、
ファジーな基準なのかもしれません。
ただ、ブラックカード取得の前提条件として、プラチナカード保持者であることは、
言うまでもないようです。

何でも、以前、あるテレビ番組では、プラチナカード持ってる人の中から、
収入や社会的ステイタスなどから抽選で決められて、それでブラックカードが発行
されるとかといった、まことしやかな話しもあります。
どこまで本当の話なのか分かりませんが(テレビ局のやらせ?)、もしも抽選で
決まるようならば、ちょっと意外ですね。

ブラックカード取得の方法

ブラックカードを取得する方法

ブラックカードの取得方法はいろいろといわれていますが、ブラックカードを取得したいと思えば、まず、プラチナカード会員(入会したいブラックカードと同ブランド)になる必要があるようです。ブラックカードのインビテーションは、基本的に、プラチナ会員に対して行われます。プラチナカードを入手することができれば、頻繁にプラチナカードを使用して、クレジットヒストリー値を上げていくといいようです。これはお金もちらしさが数値で表せる、つまり金銭にゆとりがあることの表明になるからだそうです。

ただプラチナカードを使ったとしても、どこでどう利用したか、つまり内容と質が重要だといいます。しかしこれは一般庶民には、ついていけない世界ですね。利用額だけでビックリです。それだけ、高額な買い物をしなければならないのでしょうね。

具体的な利用額は、年間3,000万円くらいだといいます。アメックスでは、レジャーや遊びに利用することの方が、生活に使用した場合と比べて、評価が高くなるようです。高級ホテル、有名ブランドショップなどで利用することなのでしょう。それにしてもブラックカードはすごいです。

<< 1 2 3



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。