ブラックカード取得の謎 > ブラックカード以外のカード > ゴールドカード

JCB

ブラックカード以外のカード

ゴールドカード

ゴールドカードは、取得基準が設けられたカードになります。
ブラックカードのようなハイクラスカードとは違いますが、それでも取得するための
ハードルが設けられているようです。
そのため、一般カードとは違い、付加価値のあるカードとなっています。

このカードの名称の由来ですが、ブラックカードと同じで、単にカードの色が、
金色(ゴールド)であるため、通称として「ゴールドカード」と呼ばれています。

そしてこのカードの利用限度額は、クラシックカード(一般カード)より高目に設けられています。
また、ゴールドカード保持者は、空港ラウンジの無料利用、ホテルの利用、
予約などのサービスがあります。
とはいっても決して富裕層ということに限らず、一般的なカードの範疇になります。
要するに、クラシックカードに比べ、ステータスが高いということになります。

一般的に、ゴールドカード年会費は1万円くらいですが、
アメックスの「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」は27300円と2倍以上です。
しかしイオンクレジットサービスの場合は無料で発行しています。
この辺りは各クレジットカード会社によって異なっていますね。

あの大ヒット投資法「シークレットサイン投資法」の
「ナイトセッション」版登場 詳しくはこちら


<<クラシックカード | ブラックカード取得の謎トップへ | ゴールドカード(2)>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。