ブラックカード取得の謎 > ブラックカード以外のカード > クラシックカード

JCB

ブラックカード以外のカード

クラシックカード

カードの種類とランクについて。
ブラックカードは最高峰のカードになりますが、その他のカードの中では、
「クラシックカード(一般カード)」というのは、もっとも基本的なカードになります。
このカードは、もっとも基本となるもので、利用限度額も50〜100万が上限になります。

ですから普通に買い物をしている分には、このクラスのカードで充分となります。
普段の生活(高額商品を購入しない普段の生活)ならば、100万上限もあれば余裕でしょう。
またこのクラスのカードでは、一年会の会費も、せいぜい1000円程度の場合が多いようです。
もっとも最近では、年会費も発生せず、さらに、無料で発行しているものも多くなっています。
ブラックカードの世界とはかなり違ってきますが、アメックスの「アメリカン・エキスプレス・カード」は12600円、シティカードジャパンの「ダイナースクラブカード」は15750円となり、全然違います。

ただし、こういった普及カードよりも若干高めの会費を徴収する一般カードもあります。
高い年会費といっても3000円程度ですが、これらは、保険やサービスが充実しています
(三井住友カードの「三井住友VISAクラシックカードA」や「三井住友VISAエグゼクティブカード」、
三菱UFJニコスの「DCカードニューズ」、ジェーシービーの「JCBグランデ」など。)。
ただしこれらの利用限度額は、通常の一般カードと同じになっています。

こういった点は、ブラックカードの世界とは全然異なりますね。

あの大ヒット投資法「シークレットサイン投資法」の
「ナイトセッション」版登場 詳しくはこちら


<<ブラックカードが広まってきた経緯 | ブラックカード取得の謎トップへ | ゴールドカード>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。