ブラックカード取得の謎 > ブラックカードとは > ブラックカードが広まった経緯

JCB

ブラックカードとは

ブラックカードが広まった経緯

バブル経済全盛の頃は、ゴールドカードに人気が集まっていました。
黄金のカードを見せびらかして優越感に浸るような風潮もあって、そのため
ゴールドカード取得に躍起となった時代でした。
もちろん、こういった行動に走ったのは一部の人でしたが、バブルという特殊
な時代ならではの風潮だったのかもしれませn。

けれどもその後、ゴールドカードの発行枚数が多くなり、その希少価値が
なくなってきました。希少カードは、発行枚数が少ないからこそ、ステイタス
として成りたつわけですが、猫も杓子もとなれば、当然、廃れてもきます。

事実、ゴールドカードの価値はそれほどではなくなり、廃れていきました。

あの大ヒット投資法「シークレットサイン投資法」の
「ナイトセッション」版登場 詳しくはこちら


<<カード社会について | ブラックカード取得の謎トップへ | ブラックカードが広まってきた経緯>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。