ブラックカード取得の謎 > ブラックカードにまつわる噂 > カード社会について

JCB

ブラックカードにまつわる噂

カード社会について

カード社会について。
キャッシングカードに対して、アメリカでは日本とはちょっと違う価値観があります。
どういうことかというと、アメリカでは、カードが無いことは、
社会的信用度が低いとみまされる傾向があります。
この理由としては、カード発行は、カード会社の信用調査(といっても簡単なものですが)を経てなされるので、
カードが無いと言うことは、社会的信用が無いということになるようなのです。
カード発行の審査が、社会的信用を計る物差しとなっている点に、逆に驚いたりします。
日本では、今でこそだいぶ変わってきましたが、現金の方がカードよりも貴重である、価値があるという考え方が未だに主流です。
ここはアメリカと日本の社会の構造的な違いもあって、こういった価値観の違いも生まれているように思われます。
ちなみに、アメリカでは、肥満も信用されません。
肥満は、自己管理ができていない証拠だとして、個人の管理能力が無い証拠だといいます。
このようにアメリカ社会では、人を推し量る物差しがいくつかあります。
個人的には画一的すぎる感があって、今ひとつなじめない部分ですが。

あの大ヒット投資法「シークレットサイン投資法」の
「ナイトセッション」版登場 詳しくはこちら


<<ブラックカードに限度額はあるのか? | ブラックカード取得の謎トップへ | ブラックカードが広まった経緯>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。