ブラックカード取得の謎 > センチュリオンカード > センチュリオンカードの発行

JCB

センチュリオンカード

センチュリオンカードの発行

センチュリオンカードの発行のきっかけは、
数年前に密かに日本でアメリカンエキスプレスのセンチュリオンカード(アメックスブラックカード)が
発行されたのがきっかけのようです。

これが通称ブラックカードとよばれる、あの黒いカードです。
ちなみにヨーロッパやアメリカでは、富者の象徴は「黒色」だといいます。

日本人でとしては、お金持ちの色は金色と感じる人が多いのではないでしょうか。
ちなみに私も金色こそ富の色のように思います。
けれども反面、成金のようでもありますが。

日本はジパングと言われていたといいますので、あながち日本では、
金色が富の色としてもおかしくないかもしれません(半分冗談で書いています)

あの大ヒット投資法「シークレットサイン投資法」の
「ナイトセッション」版登場 詳しくはこちら


<<センチュリオンカード | ブラックカード取得の謎トップへ | 年会費16万円のセンチュリオンカード>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

  • ブラック カード アメリカン エキスプレス
  • ウリカードCF=その1=アメリカンエキスプレス グリーン(年会費1万円・税別) ゴールド(年会費2万2000円・税別) プラチナ(年会費8万円・税別) センチュリオンカード=ブラック(年会費が16万円..
  • 2007-06-18 05:31
  • 情報


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。