ブラックカード取得の謎 > ブラックカードとは > ブラックカードの種類

JCB

ブラックカードとは

ブラックカードの種類

ブラックカードには何社からか発行されていますが、日本では

 センチュリオンブラックカード(アメックスブラックカード)
  年会費16万8000円
 
 ダイナースブラックカード(シティバンクカード)
  年会費10万円

 JCBブラックカード(JCBカード)
  年会費5万2500円

になるようです。

他にもセゾンブラックカードVISAブラックカードなどがあるようですが、
VISAブラックカードは日本では発行していません。



あの大ヒット投資法「シークレットサイン投資法」の
「ナイトセッション」版登場 詳しくはこちら


<<ブラックカードとは | ブラックカード取得の謎トップへ | センチュリオンカード>>

この記事へのコメント

  • アドバイス
  • 2007年05月22日 15:23
  • JCBのザ・クラスはブラックカードでは
    ありませんよ^^;
    JCBザ・クラスは三井住友VISAプラチナ以下
    と判断されてますが…
    一番一般的に取得しにくいのがダイナースブラックです。それはただ単に大金をカード決済しただけでは取得できないからだと思います。
    ホストや芸能人でも取得できるのが、アメックスブラックそれは、ただ単に大金をきれば貰えるからかもしれません。ダイナースは社会的地位もないと取得できないので、厳しいのかも…

    まぁどっちにしても、一般庶民にはと〜〜い話かもね
  • ブラックカード・マジシャン
  • 2007年05月30日 06:42
  • コメントありがとうございます。JCBブラックカードは価値の点からいいますと、既存のブラックカードに及ばないところがありましょうか。ちょっとJCBの区分けは微妙といいますか…でもホント、庶民には遠い存在です〜(^_^;)
  • 通りすがり
  • 2008年01月04日 09:02
  • JCB The Class は、先にも書かれていますがブラックではないと思います。サービスや会費を考えるとプラチナクラスのカードだと思います。
    券面の色でブラックという区分けをするのであればブラックですが。

    基本的にはサービスで区別すべきではないでしょうか?
    自分は Citi VISA Platinum のホルダーですが、旅行保険などはこちらのほうが良いです。
    国内・海外、カード決済をしなくても、家族会員でなくても生計を共にする家族であれば、最高額1億円の保険が付いてきます。
    (但し、航空券のUGはないですし、ホテルUGは提携ホテルが少ないというのはデメリットですが)

    まずはプラチナ以上を一旦かき集めて、アメックスとダイナースの内容(会費、サービスなど)を中心に区別していけばいいかと思います。
    (アメックスとダイナースをブラックではないという人はほぼいないと思いますが)

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。