ブラックカード取得の謎 > セブンヒルズカード > セブンヒルズカード〜最高のブラックカード

JCB

セブンヒルズカード

セブンヒルズカード〜最高のブラックカード

セブンヒルズカード。正式な名称は「SEVEN HILLS(セブンヒルズ)ワールドカード」というそうですね。セブンヒルズカードは、なんと400万人に1人しか取得できないブラックカードのようです。まさにブラックカードといった感じです。400万人中ただ一人。これはものすごいステータスシンボル。

最近では、ブラックカードホルダーも多くなってきていますが、セブンヒルズカードはまさに、めったにお目にかかれないレアカードであることは間違いないでしょう。ポケモンのレアカードとは訳が違います。

セブンヒルズカードは、イー・マーケティング株式会社が発行していて、富裕層向け雑誌の「SEVEN HILLS(セブンヒルズ)」の購読者やコンシェルジュサービスの顧客から、厳選されて招待された者だけが取得できるカードだといいます。

ちなみに「SEVEN HILLS」の購読者平均年収は7100万円、平均総資産額7億1600万円という方々ばかりです。雑誌購読そのものが敷居の高いものなんですね。

で、セブンヒルズカード、外観には天然ダイヤモンドが埋め込まれていて、まさに究極のブラックカードといった感じです。ホルダーの現在人数は約30名だとか。この6割は会社経営者が占めているといいます。男女構成比7:3で男性の方が多いのですが、女性の方も取得されています。国内では最高級のカードです。

セブンヒルズカードホルダーになると、セブンヒルズならではの特別ののコンシェルジュサービスを受けることができるそうです。プライベートジェットの利用、クルージング、会員制医療サービス、留学サポート、ゲストハウス泊の旅行、海外不動産の手配、米国永住権の取得案内等々。まさに富裕層ならではのハイ・クオリティサービスが満載だといいます。アラジンの魔法のランプ現代版といった感じですね。

セブンヒルズカード、まさに最強のブラックカードですね。

あの大ヒット投資法「シークレットサイン投資法」の
「ナイトセッション」版登場 詳しくはこちら


<<ブラックカードを取得する方法 | ブラックカード取得の謎トップへ | 伊良部秀輝氏のブラックカード事件>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。