JCB

ブラックカードにまつわる噂

清原和博・亜希夫妻の子供がブラックカードを使いまくる?

球界の番長こと清原和博さんと亜希夫妻の子供が、なんとブラックカードを使っているというではありませんか。2012年02月19日の日刊サイゾーによるニュースですが。

このニュース記事が本当だとしたらすごい話しです。
なぜなら、清原和博・亜希夫妻のお子さんは、現在、慶應義塾幼稚舎に通う幼稚園児であり、しかも二人いるからです。

記事には、「二人の子供ともブラックカードを持っている」とあります。
うーん、本当でしょうか(笑)

しかもニュースでは、「とある地方のホテルで清原が『お前何をしとるんじゃ!』と、ものすごい剣幕で子どもを怒鳴りつけていたそうなんですが、よくよく聞いてみると子どものひとりがカードをなくしてしまったようでした。」とあります。

ちょっと創作っぽいありがちな芸能ニュースっぽいですね。

しかし、もしも本当だとしたら、うーん、どうかな〜といった感想ですね。小さい頃から金銭感覚をマヒさせるようなことをさせると、本人にとってマイナスになりがちです。
お金を大事にすることから、資産形成の道も始まりますので、浪費の習慣は付けさせないほうが子供にとってもよくなりますね。

ブラックカードは上限額が無いものが多いのですが、使い方次第ですね。

ブラックカードにまつわる噂

伊良部逮捕とブラクカードの真相

元大リーグでヤンキースの投手だった伊良部秀樹氏が逮捕された話し、前回でも書きましたが、真相がわかってきたようですね。

結局は、ブラックカードは高級ホテルなどの限られた店でしか使用できず、伊良部氏が通っていたクラブでは使用できなかったといいます。一般的なお店ではブラックカードが使えないと。それを知らなかった伊良部氏は、キレてしまったという顛末ですね。

なんだか気の毒な事件のようにも思いますが、逮捕は逮捕ですので、なんとも。。踏んだりけったりで可哀想な気がします。

ちなみに伊良部氏所有のものは「アメリカン・エキスプレス」のセンチュリオン。年会費が37万円のブラックですね。

余談ですが、他のブラックカードの年会費の中には、5万〜10万円クラスがあるので、センチュリオンの年会費は高めですね。

ステイタスシンボルでもあるセンチュリオン、その名に恥じない言動を伊良部氏にもしていただきたかったですね。

センチュリオンカード

伊良部秀輝さんの所有のブラックカードはセンチュリオン

元大リーグの伊良部秀輝さんの続きですが、所有していたブラックカードが分かりました。ライブドアニュースの記事によるとセンチュリオンカードですね。

午前5時すぎに飲食代3万8400円の支払いをカードでしようとして、アメリカンエキスプレスの最上級となるブラックカードを提示したが、これが店の提携外カードで「扱えない」と言われ激高した。

とあります。伊良部さん、アメリカンエキスプレスのセンチュリオンを所有していたのですね。行った先のバーでは、カードでの支払いそのものができなかったのでしょうかね。

ただ伊良部さんも酔っていたのもあって、やんちゃが過ぎてしまった印象も受けますが、「ブラックカードが使えない」となると、ホルダーの方はカチンと来ることが多いかも。いや、ブラックカードってそういうプライドといいますか、特権意識を無意識のうちに持ちやすくさせるところがありそうなので、伊良部さんも、「使えない」と言われて、カチンと来たのじゃないのかなと思います。しかも酔っていましたので。

悪条件が重なってしまったという見方もできますが、ブラックカードに足もとをすくわれてしまったのでしょうかね。伊良部さんには申し訳ありませんが、ブラックカードネタということで取り上げさせていただきました。

ご商売の方がちょっと行き詰まっているようですが、再起してがんばっていただきたいものです。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080821-00000021-sph-soci

ブラックカードにまつわる噂

伊良部秀輝氏のブラックカード事件

大リーグの元ヤンキースの投手も務めた伊良部秀輝氏が飲食店で暴れたとして逮捕されたといいます。ただ、その逮捕の原因というのが「ブラックカード」絡みだったとか。

なんと伊良部秀輝氏もブラックカードホルダーのようです!事件の発端は、大阪のバーで飲んでいたところお勘定の際、ブラックカードで支払おうとしたそうです。ところが店側では拒否したとか。それで伊良部氏は激高してしまったとか。

ブラックカードは店によって使えないというよりも、たぶん、その店の方が知らなかったのかもしれませんね。いやもしかして、本当に普通のお店では使えないのでしょうか?まさか、ですよね。

伊良部氏は、野球の現役時代からやんちゃなところがありましたが、でもブラックカードホルダーにという栄誉を受けていたのですね。まったく知りませんでした。

ただ事件を契機に伊良部氏もブラックカードホルダーであることが分かり、これはこれでニュースです。

ただ最近はブラックカードを所持する人も増えているような感じもしますが、単なる錯覚なのでしょうかね。

意外なところからブラックカードの話題が出て、意外なところからホルダーも判明し、ちょっとした珍事でありました。ただ伊良部さん、もう少し品行方正にした方がよろしいかと。

【ニュース先】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080820-00000035-mai-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080820-00000007-nks_fl-base

セブンヒルズカード

セブンヒルズカード〜最高のブラックカード

セブンヒルズカード。正式な名称は「SEVEN HILLS(セブンヒルズ)ワールドカード」というそうですね。セブンヒルズカードは、なんと400万人に1人しか取得できないブラックカードのようです。まさにブラックカードといった感じです。400万人中ただ一人。これはものすごいステータスシンボル。

最近では、ブラックカードホルダーも多くなってきていますが、セブンヒルズカードはまさに、めったにお目にかかれないレアカードであることは間違いないでしょう。ポケモンのレアカードとは訳が違います。

セブンヒルズカードは、イー・マーケティング株式会社が発行していて、富裕層向け雑誌の「SEVEN HILLS(セブンヒルズ)」の購読者やコンシェルジュサービスの顧客から、厳選されて招待された者だけが取得できるカードだといいます。

ちなみに「SEVEN HILLS」の購読者平均年収は7100万円、平均総資産額7億1600万円という方々ばかりです。雑誌購読そのものが敷居の高いものなんですね。

で、セブンヒルズカード、外観には天然ダイヤモンドが埋め込まれていて、まさに究極のブラックカードといった感じです。ホルダーの現在人数は約30名だとか。この6割は会社経営者が占めているといいます。男女構成比7:3で男性の方が多いのですが、女性の方も取得されています。国内では最高級のカードです。

セブンヒルズカードホルダーになると、セブンヒルズならではの特別ののコンシェルジュサービスを受けることができるそうです。プライベートジェットの利用、クルージング、会員制医療サービス、留学サポート、ゲストハウス泊の旅行、海外不動産の手配、米国永住権の取得案内等々。まさに富裕層ならではのハイ・クオリティサービスが満載だといいます。アラジンの魔法のランプ現代版といった感じですね。

セブンヒルズカード、まさに最強のブラックカードですね。

ブラックカード取得の方法

ブラックカードを取得する方法

ブラックカードの取得方法はいろいろといわれていますが、ブラックカードを取得したいと思えば、まず、プラチナカード会員(入会したいブラックカードと同ブランド)になる必要があるようです。ブラックカードのインビテーションは、基本的に、プラチナ会員に対して行われます。プラチナカードを入手することができれば、頻繁にプラチナカードを使用して、クレジットヒストリー値を上げていくといいようです。これはお金もちらしさが数値で表せる、つまり金銭にゆとりがあることの表明になるからだそうです。

ただプラチナカードを使ったとしても、どこでどう利用したか、つまり内容と質が重要だといいます。しかしこれは一般庶民には、ついていけない世界ですね。利用額だけでビックリです。それだけ、高額な買い物をしなければならないのでしょうね。

具体的な利用額は、年間3,000万円くらいだといいます。アメックスでは、レジャーや遊びに利用することの方が、生活に使用した場合と比べて、評価が高くなるようです。高級ホテル、有名ブランドショップなどで利用することなのでしょう。それにしてもブラックカードはすごいです。

ブラックカード以外のカード

自己破産者とブラックカードホルダー

今日は、ちょっと視点を変えてカードの格差ということで。

最近、何かと言われる格差社会ですが、カードの世界にも格差がありますね。ブラックカードは富裕層御用達、専門のカードですから、その対極にあるのは、カード破産者となるのでしょう。

カード格差では、カード破産者と、「限度額なし」のブラックカードホルダーとは、対極の関係ですね。ブラックカードホルダーはヒルズ族だったりします。「絵になる豊かさ」がここにはありますねえ。

ところで格差の両極を見ると、比較すること自体の意味がなくなっていくといいます。これを取材した方がいるようでして、その方の感想だそうです。もっとも自己破産は小さな産業になるぐらい、珍しいものではなくなってきているといいます。

ブラックカードホルダーの方々は、数千万、数億という額の買い物を平気でやります。ですので格差社会といっても、「絵になる豊かさ」は、簡単に見つかるといいます。多くの成功者には、成功し続けるしか道がないから、成功し続けるともいいます。

反対に、破産者は、派遣で単純労働をしながら、狩猟採取生活をする南洋民族のように、その日その日をまったりと、それなりに楽しそうに生きているといいます。たしかに、自己破産の手続きをしてくれる法律事務所は、ネットで検索してもたくさんでてきますしね。

自己破産した方の中には、ズボラな性格で、将来を不安に思う様子がないといいます。ある女性は、10年前に自己破産したようですが、最近になってふたたびキャッシングを繰り返す日々を送っているといいます。なので、以前、NHKスペシャルで放送していた「絵になる貧困」にお目にかかれないというのが、実際のところらしいのです。自己破産した人間から、悲惨な香りがしないといいます。

なんだか不思議な社会になってきている感じがします(笑)

ダイナースブラックカード

ダイナースブラックカードの謎

カード会社に聞いても不明ですので、謎としかいいようがありません。

それがブラックカードですね。

ダイナースのものは、ダイナースプレミアムカードが正式な名称になります。

しかしそれにしても、この取得は謎のベールに包まれています。

実際問題、それほどカードを使わなくても取得できた人もいるようなので、その実体はわかりませんね。

ダイナースもセンチュリオンカードと同じで、インビテーションで取得できるものです。
もっとも最近では、自己申告でもゲットできるともいいます。

年会費は10万円ですね。

もちろんこの場合は、それまでのカードの使用歴が重要になるそうですが。

ところで、ブラックカード取得の情報を販売されていますが、もしかすると裏技的でなく、意外と正攻法なのかもしれませんね。

今まで知られている情報としては、取得方法は、クレジット歴を多くすることだといいます。

つまり、カードでいろんなものを購入することがポイントを高めるコツになるそうです。
ホント、ブラックカードには興味があります(笑)

ダイナースブラックカード

戦車のうわさ

ブラックカードには噂がつきものです。

しかし一番驚いた噂は、なんといっても「戦車を買える」とういうものでした。

海外では、富裕層がブラックカードを使って、豪華なインテリア品を購入しています。

また高級車を購入する話しも見聞します。

戦車購入の話しも、こういった話しに尾ひれがついたものなのでしょうかねえ。

どうやらこれは噂だったようです。

それにしてもすごい噂です。

戦車が買えるということ自体、意外なのですが。

しかし特権階級ならではできることかと、まことしやかな現実味も漂わせています。

謎の多いカードだけに、噂は広まりをみせるのでしょう。

ブラックカードにまつわる噂

コスミック シャイナー エクスクルーシブ

前回の続きですが、このブラックカード的な携帯電話Cosmic Shiner exclusive(コスミック シャイナー エクスクルーシブ)
ですが、さらにその上、「和の心」をテーマに山本寛斎氏がデザインした特製ケースもあるとか。
なんでもそれは、24金で紋章のついた漆器の携帯パネルケースがついているといいます。

とにかくゴージャスですね。まさに「ブラックカードな携帯電話」です。

こういったCosmic Shiner exclusive(コスミック シャイナー エクスクルーシブ)的な携帯電話は、もっと出てきてもよさそうですね。
ワクワクしてきます。

ちなみにこの携帯電話は、

1.販売元モバイルファクトリーより発行するインビテーション(招待状)にID掲載。
2.富裕層媒体(SEVENHILLS等、読者をセグメントし郵送で直接お届けする雑誌)の
  広告ページにID掲載。
3.専用サイトより、購入ID入手申請を行って頂き、審査に通過されたのみID付与。
4.購入者からのIDご紹介(富裕層ネットワークの口コミ)。

の方法でしか入手できないようです。
まさにブラックカードですね。

  1 2 3 4 5..  次の10件>>


【個人情報の収集】
当サイトトでは、Google Adsense社の広告を配信しております。 そのため広告配信の過程においてCookieやウェブビーコンを使用してデータを収集することがあります。 ただし当サイトで取得するユーザー情報は、情報収集目的のみで収集され、それ以外の用途には使用いたしません。 第三者にデータ送信を行いたくない場合は ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしていただきますようお願いいたします。 Google Adsense社の広告に関する詳細につきましては公式プライバシーポリシーをご覧ください。 http://www.google.com/intl/ja/privacy.html


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。